[板さん]のホームページへようこそ!!  

豚挽き肉ともち米の腸詰(タイ東北風)

ไส้กรอกอีสาน
発音記号表記サイクローク・イサーン

[料理の写真] サイクォーク・イサーンを焼いている屋台
団子状のものは、豚の挽き肉ともち米を腸に詰めてボール状にしたもの。
各々のボールは紐を通して繋がっており、写真のようにぶら下げている。
注文を受けると炭火で焼き、焼き上がったらハサミで1個づつ切り離してから注文された個数を客に渡す。
この屋台の場合は1個1バーツ。
付け合わせとして生キャベツ、酢漬けの生姜、それと小指の先くらいの小さな唐辛子”プリッ・タァーィ”を数本ビニール袋に入れて渡される。
腸詰自体はちょっと甘みがあり、言い方は悪いが”変な味のソーセージ”と言えないこともない。
これだけを食べると口が飽きるのでキャベツや生姜をかじって口直しをする。
ただ、間違っても唐辛子をガブリと噛んだりしない事。
この唐辛子は恐ろしく辛く、口の中が火事になってしまう。
本当に信じられないほど辛い。
いくら辛いものに自信が有る人でも最初はほんの微量をかじって見て、それで問題なかったら食べてください。
この唐辛子だけは、タイ人でも避ける人が多い。

なお、これとほとんど同じものだか形状の異なるものもある。
ちょうど長いソーセージを串に刺してあぶっているようで、ソーセージと間違えて買う人も多い(私もその一人)。
すぐ傍で見てもまったく判らず、口に入れてはじめて間違えてた事に気付く。

これらは、おやつ感覚のタイ料理である。

戻る

最終更新日時 : 05/29/05 Sunday 14:12:32