[板さん]のホームページへようこそ!!  

肉や魚のり身揚げ/焼き(ルクチン)

ลูกชิ้น
タイ語発音記号表記ルクチン

この料理は、どちらかと言えば”おやつ”的なタイ料理。
無論、ご飯のおかずとして食べる場合も有るが、買ったその場で歩きながら食べている人達もいる。
自分の場合は、 バー・ビアでビールやウィスキーを飲む際のつまみとして食べるのが主だが。
食材は、魚のすり身、豚肉のすり身、鶏肉のすり身などをボール状に丸めて串に刺したものである。
その他のものとしてはソーセージや、タイ人の大好きな”カニ風味カマボコ”などもある。
一言で言えば、肉や魚の練り製品を串に刺して油で揚げたり炭火で焼いたりする料理である。
油で揚げるのか炭火で焼くのかはお店によって異なるので、好みが有る場合は注文する前に確認したほうがよい。
でも、自分が見る範囲では、手早く調理するためか油で揚げるお店が多い。
付け合せの生野菜は、キャベツとバジル(キャベツが出回っていないときはキュウリになる)。
タレは辛いのと甘いのがある。
焼きあがったすり身を好みのタレにドボンとつけてもらうのだが、この屋台の場合は両方のタレを小さな容器に入れてくれた。
自分は辛いのが好きなので、辛い方(右側の黒いタレ)だけでよいと言ったつもりだが・・・
(この後何度も頼んで食べた結果、左側の甘辛いタレは野菜によく合うことが判った)
この料理はどちらかといえばオヤツのようなものだがお酒のつまみとしてもよい。
なお、下の写真にあるパックに入ったルクチンのセットで20バーツでした。
[写真] ルクチンの屋台[料理の写真] 揚げあがったルクチン

戻る

最終更新日時 : 05/29/05 Sunday 14:11:55