[板さん]のホームページへようこそ!!  

タイランドのロングステイに関する掲示板 過去ログ

タイ国内での定期預金口座開設

No.50 定期預金口座 投稿者:P−camera 2004/11/26(Fri) 14:44:20
OAビザを取得しこれから長期滞在をすることになりました。
そこで、普通預金は作りましたが、定期預金は労働許可証(ワークパーミット)が無くても作ることが出来るのでしょうか?
バンコク銀行のホームページhttp://www.bangkokbank.com/Bangkok+Bank/About+Bangkok+Bank/Japanese+Relations/default.htmでは労働許可証(ワークパーミット)が必要と書いてありますが、私も80万Bを定期にしておこうと思いますので方法を教えて頂きたいのですが。
よろしく御願い致します。

No.51 Re: 定期預金口座 投稿者:管理人 2004/11/28(Sun) 14:44:53
管理人です。

>労働許可証(ワークパーミット)が必要と書いてありますが

確かにそう記載されていますね。
でも、私の場合にはビザの提示のみでOKでした(口座開設申請書も全て銀行員が記入してくれました)。
http://www.itagaki.net/trv/thai/thai_M.html#SEC54 に記載している通りです。
支店によって対応が異なると思いますが、チェンマイのバンコク銀行、ターペ支店ではワーキングパーミットが無くとも定期預金が開設出来ると思います。

ちなみに、話は多少異なりますが、電話回線を新規に引くときも、TOTではワーキングパーミットが無いので駄目といわれましたが、TT&Tでは、タイ国内の運転免許証を提示するだけでOKでした。

No.52 Re: 定期預金口座 投稿者:バンコク在住 2004/11/30(Tue) 04:06:28
バンコクに在住しています。
私の場合は、先月、タニヤ近くのバンコク銀行で定期預金を作りました。
その際、パスポートの提示を求められました(単に身分証明書として)が、ビザの有無は聞かれませんでした。
支店にも依ると思いますが、恐らく、どこでも大丈夫ではないかと思います。
No.253 定期預金 投稿者:Civic 2006/04/05(Wed) 13:41:12
ロングステイビザ取得のための銀行預金80万バーツですが、バンコクバンクでは、4月末日までの期限つきで、定期預金プロモーションを展開しています。
10か月定期で、利率は5.125%です。
普通預金が0.75%ですから7倍お得です。
現在、2年定期は4.25%ですが、上記の10か月定期が満期になる来年2月頃には、6%くらいになっていそうです。
定期預金口座開設には、ワークパーミットが必要ですが、現在は、どこの支店でも、パスポートだけで、定期預金がOKのようです。
No.264 銀行口座開設 投稿者:nishiyama 2006/05/05(Fri) 22:29:14
バンコクバンクのHPを見たら、銀行口座開設についての記載が変更になっていました。

<従来>
「パスポートと最低預入れ金額(500B)があれば、バーツ建て普通預金口座開設ができます。ただし、支店によっては労働許可証が必要な場合があります。」

<変更後>
「原則として、パスポート、労働許可証(または期間1年のビザ)、最低預入れ金額(500B)をお持ちいただくと、バーツ建て普通預金口座を開設できます。」
「ツーリストビザでは原則として口座開設ができません。2006年4月10日現在」

調べてみたら、次のような事情が見えてきました。
最近、バーツが急騰したので、タイ中央銀行が、バーツを安くするために、市場介入に乗り出したようです。
外国からの投機資金流入を防止するため、外貨売り・バーツ買いに繋がるような取引をしないように、という通達を各商業銀行に出したようです。
従って、上記のような、旅行者の口座開設を制限するような動きになったようです。

しかし、新規定の場合、ロングステイビザを申請するための80万バーツの預金を海外から送金する前段階として、タイの銀行に普通預金口座を開設する必要がありますが、ロングステイビザ申請予定者は、労働許可証も無ければ、1年ビザもないので、どうしたらいいんでしょうね?

上記HPには、規定の前に「原則」という言葉がありますから、
「ロングステイビザを申請するための口座です」と説明すれば、開設が認められるような気もします。

No.266 Re: 銀行口座開設 投稿者:nishiyama 2006/05/08(Mon) 19:03:41
上記の投稿(アドレスのみ)は、ロイターの記事です。(下記の通り)

タイバーツは安定している、介入の必要ない=中銀総裁
2006年 05月 8日 月曜日 15:34 JST

[バンコク 8日 ロイター] 
タイ中央銀行のプリディヤトーン総裁は8日、タイバーツ<THB=>は安定しており、介入の必要はないとの見解を示した。

同総裁は記者団に「バーツはかなり安定している。何もする必要はないし、市場への介入も必要ない」と語った。

(日本時間午後2時32分)現在、バーツは1米ドル=37.54/57バーツと、先週付けた6年ぶり高値の37.4バーツから軟化している。

為替の市場介入については、どこの国でも当事者は本当のことは言わないことが多いです。
タイの場合、バーツ高になると、輸入物価(石油など)は圧縮になりますが、輸出産業に打撃になります。
外国からの$建て債務には、バーツ高がメリットがあります。
中央銀行と財務省の間でも、市場介入に当たっては意見が異なるようです。

昨年からの急激なバーツ高も、4月下旬からの急激なバーツ安・円高、対US$でのバーツ安から、
中銀総裁は、4月から介入を始めたものの、効果が現れつつある、との認識で、当面は介入の必要性に乏しいとの発言になった、と理解するのが妥当でしょう。

【管理人注釈】
銀行口座を開設する為の条件等は、しょっちゅう変わっています。
また、同一銀行でも、支店によって取り扱いが異なります。
2006/11/27時点での取り扱いは、原則次のようになっているようです。

・定期預金口座開設は、ワーキングパーミットがなければ不可
・普通預金口座開設は、長期滞在のビザがなければ不可

但し、実際は以下を参照して下さい。

タイ国内での外国人口座開設に規制

戻る

Last update : 2006-11-27T20:47:39+09:00 (Monday)